ツインレイ

ツインレイ*感謝と思いやり

誰もが誰かに支えられて生きている

 

人は一人ではすごく弱い。

 

何かを為したいと願って一人で行動しても

 

誰にも見てもらえなかったり

誰にも買ってもらえなかったり

誰にも見向きもされなかったりしたら

 

ただの独りよがりだ。

 

万人に認めてもらう必要はないし、

強すぎる承認欲は心を乾かしてしまう。

 

けれど行動の先に、誰かの”嬉しい””楽しい””幸せ”がない限り、

その人の行為が”厚意”として伝わって、誰かの”好意”にならない限り、

いつかは虚しくなっていく。

 

生きていくためには

誰かがつくった食物を食べ、

誰かがつくった家に住み、

誰かがつくった服を着て、

誰かがつくった社会の中で生きていく。

 

一人でお金をたくさん得ても、

一人で何でもできる気でいても、

常に誰かに支えられて人は生きている。

 

そんな当たり前のことに、

当たり前だからこそ、気づいていない人が多い。

感謝を忘れてしまった人が多い。

 

抑圧の時代の崩壊は、感謝を忘れた人間への、

地球や神様からの気づきのメッセージ。

 

人間不信な男性に足りない”感謝”と”思いやり”の心

 

ツインレイの彼とサイレント期になってから、

彼みたいに、周りの人を信じられない男性によく出遭うようになった。

 

分厚いプライドの鎧を着て、繊細な心を鎧の中に隠して、

傷つかないように裏切られないように自分を取り繕い、

自らを強く見せて、深入りされないように他人との間に壁を作っている。

 

勝ちたいから、うまくいきたいから、奪われたくないから、必死で何かを隠す。

 

人間不信な男性の共通点は「ありがとう」や「ごめんなさい」がきちんと言えないこと。

 

挨拶。

素直さ。

感謝と謝罪。

 

これさえできたら、あっという間に解決することが山ほどあるのに。

 

ニコニコしてたらバカにされるとでも思っているの?

自分から挨拶したら威厳が減るとでも思っているの?

感謝したら相手が調子に乗るとでも思っているの?

謝ったら負けだとでも思っているの?

 

愛情や思いやりを示せない人は、相手から思いやりを返す気持ちを奪う。

だから失望されて相手が離れていく。

それを”裏切り”だと思い、人間不信になる。

 

そう、それは自分で創っている世界。

 

ツインレイの彼と出逢った頃は、彼だけが特別おかしいんじゃないかって思った。

けど、素直に人を信じることができなくなった男性が世の中にたくさんいるんだって知った。

 

虚勢を張らなくていいんだよ。

頑張らなくていいんだよ。

愛を持って言葉と行動を少しずつ変えるだけでいいんだよ。

 

ほんの少しの思いやりで、個人も社会も今よりずっと豊かになる。

それに気づいて行動できる人が増えるといいな。

 

*I for me♡マイセルフケア~あなたはあなたのために。私は私のために*

関連記事