ツインレイ

ツインレイ*お互いにしか分からないサイン

『ツインレイは分離の期間、現実世界では分断されているように見えますが、

離れている間もお互いにしか分からないサインを送り合い、愛を確かめ合います』

 

そう、色んなツインレイ情報に書いてある。

 

(いや、そんなことある?)

 

って、思ってた。

 

音信不通な彼(というか、私が「ブロックする」って宣言して拒絶)が、

精神的にも身体的にも参っているのを、誰よりも知っている。

 

体型、肌、表情、目つき。

「〇〇さん、”えっ、同一人物?!”ってくらい人相変わってますよね・・・」

誰が見ても明らかなくらい、別人になってしまった彼。

こころが崩れて、からだもボロボロ。

 

そんな彼に、知人の力を借りてそっと贈った匿名のプレゼント。

わたしからだと、分かるか分からないか、きわどい贈り物選びと渡し方で。

 

それを託して数日後、彼のSNSの投稿の中に、

「大好き」という言葉と、私が出逢った頃の彼にあげた、別の贈り物が写った写真がUPされていた。

 

(いや、まじか~w)

(前にあげたやつ、捨ててないどころかアピールしとるやないかーいw)

 

わざわざそんな回りくどい投稿をしたってことは、

新しい贈り物が誰からのいたずらか気づいて、それを拒絶ではなく、受容したということ。

そして今も、わたしが渡したものを”大事にしてる”と示してくれたということ。

そして頑なに、お互いに直接の連絡をしないということ。

 

(いや、二人揃って、思春期かw)

 

って思う。まるで、中学生の初恋みたい。

 

サイレント期の彼が、ズタボロの自分の姿をわたしに見られたくないことも。

認めたくなくても、潜在意識では自分の本質的な問題に気づいていることも。

それと逃げながらも向き合わされて闘っていることも。

カッコよくなって、自信をつけてから、わたしの前に立ちたいんだってことも。

 

わからないけど、解るから。

「この人と結ばれるよ」って理由は分からないけど、魂が確信してるから。

 

周りの人も、

「人が変わるのには、時間がかかるもんね」

「きっと彼も頑張ってるんだろうね」

と、気づけばわたしと彼の話を肯定してくれるようになったから。

 

お互いにしか分からないサインを送ったら、相手からも返ってきた。

そんな不思議な体験。

それは彼がツインレイなんだという確信を、さらに強固なものにする。

 

わたしの選択肢は「待つ」の一択しかなくて。

もう、待つことがちっとも苦痛ではなくて。

 

だって、ただ何もせずに待ってるんじゃなくて、

わたしは周りの人の愛や信頼に囲まれて、常に成長して前に進んでいるから。

 

進みながら待っているから、彼が還ってくるか来ないかはささいなこと。

だから何もこわくない。

 

*I for me♡マイセルフケア~あなたはあなたのために。私は私のために*