ツインレイ

ツインレイ*静かにすべてが崩壊する

一見、均衡を保って見せているメディアの報道。

けれど、アンテナが高い人たちは気づいている。

 

コロナウイルスの猛威。

 

水面下で、日本の医療が、日本の社会が、音を立てずに崩れ落ちている。

他の先進国・都市の暮らしや医療が崩壊している。

日本でも感染者が増えつづけている。

 

なのに、テレビで扱われている報道は情報操作され、政府の政策は何もかもが後手。

「自分で調べる人」は知っている。

 

すでに、東京には病院のベッドが足りないことを。

大きな病院が、初診や入院の規制を始めていることを。

感染者が少ないのは、感染が疑わしい人がいても、検査そのものを受けさせずに何度も家に帰すから。

「軽症者」の基準が、”人工呼吸器をつけていない人”でしかないことを。どんな高熱を出しても”軽症者”と表現されることを。

 

 

長い潜伏期間。

「まさか自分が」という人が、発症するかもしれない。

本当の”軽症”で済むかもしれないし、思いがけず命の危機に陥るかもしれない。

ある日突然隔離され、家族や友人と引き離されるかもしれない。

お見舞いに来てもらえない、行けない。

死に際になっても、行けない、来てもらえない。

お葬式になっても、行けない、来てもらえない。

 

 

春休み、旅行、お花見。

進級、卒業、入学、新入職、転職。

国内・海外を飛び回った人が地元に帰り、引っ越しをして、人がシャッフルされ、送別会や歓迎会に繰り出していく。

 

新年度。

ストレスを生む、大きな環境の変化。

長い潜伏期間。

 

この先、この国は、どうなるんだろう?

少なくとも、医療資源は一度限界を迎える。

 

今年は、あらゆる時代の流れが一気に変わる・加速する。と思っていた。

でもまさかこんな形で、「強制終了ボタン」が押されるようなことが起こるとは、予想もできなかった。

 

社会が壊れていっているのに、まだ何も気づかずに、ただただ平和に暮らしている人もいる。

「他人事」だと思っているから。

 

これから静かに、でも確実に、社会は一度崩壊し終わりを迎える。

 

人類への審判を下すようなウイルスは、人に「問い」と考えるチャンスを与えてくれている。

 

これを機にしても変われない人、取り残されていく人、考え行動して新しい時代を幸せに生きていく人。

 

願わくば幸せに、新しい時代を創っていける人でいたい。

 

そう願っても、もしかしたらわたしも、命を落とす人に選ばれるのかもしれない。

けれど「それでも幸せ」「自分に生まれてよかった」と思える最期を迎えられたら、それでいいかな。

 

結果に執着せず、今できることに全力を尽くし、毎日に感謝して幸せに生ききる。

 

世界はきっとまだ終わらないけれど、経済は終わり・死を迎えるでしょう。

崩壊からの再構築。

 

これから、どんな時代になるんだろう。

 

*I for me♡マイセルフケア~あなたはあなたのために。私は私のために*